企業自身で実施する場合のデメリット

社外研修と比べると内容が不十分なことも

新入社員が一人前となるのに必要な社員研修ですが、最近では外部に委託して行う社外研修を選ぶ企業も少なくありません。企業が自身で実施する社内研修の場合には様々なデメリットがあると考えられているからです。

社内研修を行う場合には担当者を決めて研修内容を企画することになりますが、あくまでも社員研修を行うプロではないために内容が不十分となってしまう場合があります。受講者側が興味を持てないような内容となってしまった場合、モチベーションが低下してしまって社員研修が失敗に終わってしまうことがあるのです。
企画だけではなく講師の指導力も社外研修と比べると劣ってしまうことが多く、担当者の負担が大きいのも社内研修のデメリットと考えられています。

社外研修と比べるとコストがかかることも

企業にとって会社での働き方を新入社員に教える研修はとても大切なことです。しかし、社内研修にはデメリットがあるという考えが広まっているため、最近では社外研修を選ぶ企業も少なくありません。

社内研修を行う場合にはそれなりの人数が集まれる場所を用意する必要があります。企業がそういった場所を持っていないという場合には一時的に借りなければ行けない場合も考えられます。それにはどうしてもコストが発生してしまうため、結果的に社外研修を選んだ方がコストが減る場合もあるのです。
受講者側と講師側のスケジュール調整もしなければならないため、本来の業務に影響が出ることも多く結果として企業にとって無駄に負担となってしまうことが考えられます。そのため、最近は社外研修を選ぶ企業が増えているのです。